「食べてもおいしくありません」最新刊3巻感想オニに食われたがる日和にオニ悶絶!

食べてもおいしくありません 3巻 あらすじ 感想 BL漫画

h山田2丁目先生の描くお話が好きなくまくまです!

今回は、大人気作品「食べてもおいしくありません」の最新情報が解禁されましたので、共有したいと思います!

無骨で即物的で、でも不器用な優しさを見せる攻めは相手が男であっても惚れますよね!!

作画も結構がっちりめに描いてあるので、肉体美的要素もありました照

早速最新刊が出てすぐさまポチって全部読んじゃったので、感想をつらつらとかいちゃいます。

[word_balloon id=”2″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]いじらしいの大渋滞でした泣[/word_balloon]

 

 

 

 食べてもおいしくありません「オニ」の設定

食べてもおいしくありません ネタバレ 最新刊 3巻 感想 漫画

「食べてもおいしくありません」の世の中は、約9割が「オニ」で残りが「ヒト」

大昔の時代ではヒトが多かった時代もありましたが、現在ではほとんど見かけない種族です。

オニの身体的特徴はツノが生まれながらに生えているくらいで、あとはヒトと変わらない出で立ち。

デフォのツノは見えず人と区別がつきませんが、そのツノはオニの象徴なので、大小個体差があります。

だから、興奮したり気持ちが昂ったりした時のツノの大きさがそのままステータスになっているようで、「巨ツノ」「貧ツノ」と言われています。

オニは必ずツノが生えていて、最小でも8ミリはある!(興奮すればもっと大きくなる)

[word_balloon id=”3″ size=”M” position=”R” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]ヒトでいう「巨乳」「貧乳」・・・汗
我々女子にとってはすごくデリケートな話に転換できちゃいますね汗[/word_balloon]

 

そんなオニみが強い巨ツノは貧ツノを嫌がります。

というのも貧ツノはヒトっぽいからという理由なので、実際は「ヒト」のイメージが怖いらしいのです。

なぜならヒトはオニを惑わすようで・・・。

これから1巻の内容に入っていきます!

 

 

1巻穂高×日和で巨ツノ×貧ツノ?

巨ツノで名の知れた穂高は、ツノの成長痛が酷くて意識が朦朧としているところからお話が始まります。

そこへ同じクラスの日和が通りかかり、保健室へ連れていきます。

後日、穂高は日和の前を通り過ぎる際にふわっと香った匂いに気付いて、日和を連行していくのです。

二人は同じクラスだけどほとんど接点がなく、仲良くありません。

しかし、保健室へ連れて行ったあの日、日和が意識が朦朧としている穂高の巨ツノを許可なく触ってしまっていることがバレてしまいます汗

ツノを勝手に触ることは痴漢沙汰です。

[word_balloon id=”3″ size=”M” position=”R” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]ヒトも巨乳でも貧乳でも勝手に触るのはNGですしね汗[/word_balloon]

 

しかも、日和はしていけない行為を知らずに触ってしまっているのです。

オニであるはずの日和は自分自身のことを分かっていない・・・とは言い難いですよね。

そうなんです、日和はツノが1ミリだって生えていない「ヒト」なのです!

そこに追い討ちをかけるように、穂高が日和のツノも触らせることで不問にすると言い出します。

巨ツノは貧ツノ=ヒトっぽい奴を嫌がりますが、ヒトもオニを怖がります。

悪いオニだったら、食われる!

ということで、逃走を試みますがあっさり穂高に捕まってしまうのです。

そして、穂高は保健室で嗅いだあの甘い匂いと一致し、この匂いこそツノの成長痛を和らげる匂いで美味そうな匂いだと確信します。

日和も喰われまいと雑食だから不味い! と必死に抵抗しますが、穂高はかぷっと日和の耳や口を食べちゃうのでした照

[word_balloon id=”2″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]あ、ちゅーの方です笑[/word_balloon]

 

ヒトだとバラされないよう、穂高にそういう意味で食わせるという契約生活が始まるのです!

それから何やかんやあり、ヒトだから美味くて執着していた穂高が、いつの間にか好きだから食いたい執着へと変化していき、ツンデレな日和に正面からぶつかってお付き合いする流れへ!

 

 

2巻忍耐力の穂高とツンデレの日和!

漫画 食べてもおいしくありません ネタバレ 最新刊 3巻 感想

出典元:ビーボーイ

一悶着ありながらもカップルになった二人。

ますます穂高が日和を食い尽くす日々が続きます照

[word_balloon id=”3″ size=”M” position=”R” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]穂高曰く食う(ちゅー)度に甘みが変わっていくらしいです笑[/word_balloon]

 

しかもページの冒頭で既に五回目のおかわりを終えたところから始まるのですごく捕食感がすごいです照

しかも好きな奴を食いたいのは当たり前!

穂高の堂々とした言葉に日和が微妙な顔をして照れるのです笑

嬉しいやら恥ずかしいやらでそういう表情になっているのだと思います!

そんなラブラブな二人に少し問題が生じます。

それは、日常生活に支障をきたすほど、穂高の接触が気持ちいいこと!

ヒトとしての防衛本能のスイッチが入ることで、快楽物質の大放出してしまう

これが穂高に食われる度に起こるので、最近では通りすがる時に穂高から腕を撫でられるだけでもヤバイ。

ということで穂高の断食生活が始まります笑

でも、日和は五回のおかわりが二回に減ればいいなという認識だったのです。

それが三日目・・・。

穂高は日和を見るたび生を唾を飲み込み我慢して、食べないのです!

日和はその我慢を見て、貧ツノ(日和の友達)に触られてもなんともないので症状が治ったかと確認するべく、同じ巨ツノである空木に二の腕を触らせます汗

[word_balloon id=”3″ size=”M” position=”R” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]理由は分かってるけど、威圧感を出しながら日和に怒っちゃう穂高がキュンポイントでした![/word_balloon]

 

それを見て日和を穂高自身で症状を慣らすべく、家に連れ込むのですが・・・照

この続きは穂高の我慢生活史上一番の山場を迎えることになります!

日和が煽るのなんの・・・笑

 

 

最新刊3巻今度は日和が食われたい?

漫画 食べてもおいしくありません ネタバレ 最新刊 3巻 感想出典元:アニメイトタイムズ

穂高が日和への欲を我慢していたのが2巻でしたが、3巻は日和自身の心境に変化が現れます。

鬼に食われる防衛本能として、触られることに敏感になっていた日和が、今度は自分から食べて欲しい・・・?!

食べて欲しさに無自覚に穂高を煽るのですが、これがまぁ穂高にとっては苦行で汗

[word_balloon id=”2″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]日和がやだやだ言いながら、穂高をぎゅうぎゅうに抱きしめるんです笑[/word_balloon]

 

でもなぜ、穂高に食われたいのかと考えていると、「好きだから食われたいのか」という答えに行き着きます。

穂高に言われて自覚するところが、鈍感日和の本領発揮です笑

そこで、穂高と同じ鬼みが強く出ている巨ツノの薬師(やくし)先輩に抱きしめてもらうことに。

[word_balloon id=”3″ size=”M” position=”R” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]確かめたいのは分かるけど!!
似た体質の鬼で試さないと確認にならないのは分かるけど!!汗[/word_balloon]

 

やっぱり穂高にしか食われたいと思わないので、どうやら両思いということが発覚します。

私的には既にお互い両思いだと思って3巻まで読んでいたので、ここでびっくりしました汗

それでもって、日和がロマンチックな頭で、自分も好きだと伝える時は特別感を出したいと、普段しないジュースを2口のストローで飲んでみるシーン。

いい感じのシチュエーションだと日和は思っていましたが。

否応なしに距離が近づくので、食われたくなって仕方なくなった日和は、ついに自分から誰もいないとこへ、と・・・照

自分から食われる気満々なのです!!

ここから日和が積極的で好きと言ったり、自分から脱いだりと新たなイチャラブを見ることができます嬉

そんな日和に穂高は飛びそうになりながら、欲情を抑えている感じがとても良いいです!

なんだかんだ3巻で正式に両思いになった2人

そこへ日和の兄が日和の身体の噛み跡やシャツのボタン(日和が無理矢理自分で脱いでいるから)が取れてしまっているところを見てしまいます。

兄は超がつく鈍感さや根拠のない大丈夫を言う弟が心配でたまらない性分で、何より兄もヒト。

だからこそ、鬼に襲われた時の恐怖を知っている?みたいで、とても心配性なのです。

マーキングとして穂高が日和に噛んだことも少し相まって積極的になり、しょっちゅう食われたがる日和のイチャイチャをぶち壊す時がくるのです汗

この続きは実際に読んでみて、日和のツンデレのデレ10割を生で感じてください照

 

 

鈍感執着巨ツノの続編を待ってます!!

漫画 食べてもおいしくありません ネタバレ 最新刊 3巻 感想

出典元:株式会社リブレ

穂高が直情型で即物的かと思えばちゃんと優しいので、ツンデレな日和との掛け合いを楽しく見ることができます!

2巻では穂高に食べさせることを我慢させた日和ですが、3巻ではどうやら日和が食べられようとしているみたいで、予想できなくはない展開でしたが十分キュン死しました!

山田2丁目先生、ありがとうございます泣

それと、3巻の日和にご馳走様でした!!

ちなみに、「食べてもおいしくありません」は人外BLのジャンルで、オメガバースの番という制度こそありませんが、オニの捕食に対してヒトが防衛本能として快楽物質を放出するところは、Ω性のヒートに似たところがあるなと個人的に思っちゃいました照

(Renta や ebook Japan などのサイトレビューにも似た意見がありました!)

本能が顕著に顕在している世界線が新鮮で、この手の設定は大好物になりつつあるくまくま。

次巻も楽しみにしてます!!

巨ツノ万歳!!

タイトルとURLをコピーしました