「ディレイル」を読んだ感想!二人の視点で楽しめる!

あらすじ ディレイル 感想  BL漫画

BL漫画大好きな腐女子・腐男子の皆さんこんにちは!くまくまです!

ヤンデレ属性の漫画全般大好きなくまくまが見つけた「ディレイル」を読んだのですが。

これがもう大当たり!!

攻めのヤンデレなのが大好物なところに、受けもなんとなく気づかずに流されるストライクな展開でした泣

この展開が大好物な層に向けて、口コミ代わりにあらすじと感想を述べていきたいと思います!

 

「ディレイル」あらすじ!女連れ込み禁止を破る光に

明るく面倒見のいい光と、その幼馴染であるハルは大学の学部まで一緒。

輪の中心にいるような光は友人も多い一方で、ハルは基本的に無口で陰湿そうだと周りに思われて友人は幼馴染の光だけ。

だけど、ハルはたったひとりの光がいればそれでいい。

幼馴染で友達だけど、唯一無二の関係になりたいと思うハルは恋情を拗らせていく。

虎視眈々と、幼馴染ポジションを有効活用しながら「ルームシェア」まで漕ぎ着けるハルだが、二人のルールでもあった部屋に女を連れ込み禁止をが犯してしまう。

それすらも策略の1ピースに組み込んで、光に罪悪感を増幅させるハル。さらに追い込むようにハルも女を連れ込んだ形跡をガッツリと残し、光に見せつける。

ここまで女の影を残しておけば、気にせざるを得ないだろう、そう踏んで。

しかし、なぜか全てハルの思惑通りに動いていく光に猜疑心を覚てしまう。

上手くいきすぎてる。

ハルの思考は光の本心を考えないまま突っ走ってしまい、光を泣かせる結果に。

打算的な自分自身を認めたハルは、去って行った光を追う——。

 

ここが面白い!それぞれのキャラクター視点から見れる!

「ディレイル」の主役である攻めのハルと受けの

対極に位置する人間ですが、お互いがお互いの穴を埋められている状態で、恋に発展してもおかしくない二人!

でも、ハルは臆病でなかなか本心を言い出せない。光もそれに振り回されて、本心を言ってもなかなかハルに伝わらない。

そんな焦ったい状況が続くところでは、双方の視点が描かれているので、光が簡単にハルの手中に収まったことに動揺する描写や、光がハルに想いを告げそれを否定される描写がそれぞれにありました。

 

ハルの行動原理は光!

ハルの想いはもはや執着の域まで達しています。

光が術中に嵌って可愛らしい表情をするので、気味が悪いとまでは感じません。

私はむしろ、ハルの執念深いところがすごくぞくぞくしました!

光を手に入れるため、ハルは常に考えて行動しているので、光と話していない間は獲物を捕らえるような目をするのです!!

仄暗いところでも光だけをしっかり見据えていそうな目。

相葉キョウコ先生はハルのこの目を何パターンも描かれていて、見るシーン全て同じ目をしていないところがプロだなと痛感させられました。

また、よく考えて行動している用意周到さの裏に、直感で動けない臆病さも感じられて私はハルのキャラクターが好きになりました照

 

光はハルの視線に気づいちゃってる?!

光視点がしっかり描かれているこの作品。

みなさんは実際に読んだことがある方なら分かると思いますが、そうです、光もハルのことが好きなんですよね!

[word_balloon id=”3″ size=”M” position=”R” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]でも、実は光の方が一枚上手のようなそうでないような汗[/word_balloon]

 

というのも、ハルのあの目が自分に向けられていることを知っていて、気づかないフリ!

光は輪の中心にいるようなキャラを作り出したせいで、誰からも好かれる一方で都合のいい人で止まってしまっている現状に気づき、愛に飢えていたのです。

そんな時にハルからルームシェアに誘われ、この関係を先へ進めるのは躊躇する状況。ハルの友達は光しかいないから、だから光をルームシェアに誘ったのかと汗

ハルのねちっこい視線に気づいていながら、現状維持を続ける光も実は臆病者で泣

そこが、一枚上手のようでそうでない理由。

一見チャラく見えるけど、臆病なんです。

[word_balloon id=”2″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]受けに親近感を覚えるキャラでした照[/word_balloon]

 

ディレイル読んだ感想ハルのキャラクターが好きなら絶対ハマる!

私の率直な感想としては、1巻だけじゃ物足りない!でした。

それぞれの視点で回想シーンを入れてくださっていたためか、ストーリーの進捗がややゆっくりめに感じたことと、クライマックスからすぐに終わってしまったことが挙げられます。

二人のすれ違いを描くのがとても上手な作品なので、もっとハルの執着を見たかったり光の振り回される感じももう少し見ていたかったりと、好きな作品だからこそ私のタラレバが止まらない作品です汗

ハルのねちっこい視線のレパートリーが多くて、相葉キョウコ先生の表現の幅に感動したので、もう1巻だけでも続きが読みたい!と思わされる作品でした。

上の感想を察知したかのように、短編ではありますがハルと光が晴れて恋人同士になれた後のお話も描かれています!

もちろんそれも読破しちゃってる私。

そのくらいディレイルが好きな私の感想を今までつらつらと書いてきましたが、私は是非是非!続刊を強く望んでいるファンです

ハルの視線を描く相葉キョウコ先生の作画をもっともっと見ていたいです!!

タイトルとURLをコピーしました